品質管理について

Q

アルマイト皮膜の膜厚測定は可能ですか?

A2cm程度の平面部があり、アルマイト処理前後の製品があれば測定可能です。

Q

アルマイト後に粉吹きが発生しました。

A封孔時間や使用している薬品により不具合が発生している可能性があります。詳しくはお問い合わせ下さい

Q

寸法変化を極力抑えたアルマイト処理は可能ですか?

Aお客様が求める処理内容によりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

Q

アルマイトをした製品にシミがあります。

Aシミの形状等によりますが、薬品や水洗水等の残留により発生している可能性が高いです。各製品により対応が異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい

Q

アルマイト処理をした製品が腐食しました。原因は何でしょうか?

A材料起因の可能性もありますがアルマイト処理が適切な条件で行われていないと腐食する可能性があります。詳しくはお問い合わせ下さい

Q

アルマイト皮膜の膜厚にばらつきがでます。抑える方法はありますか?

A材質や装置の特性によりばらつきは発生します。アルマイト処理の電解条件等を見直すことでばらつきを抑えることができる場合が多いです。詳しくはお問い合わせ下さい。

Q

他社で行ったアルマイトの不良が多くて困っています。

Aアルマイト処理メーカーには各社得手不得手がありますので、ご相談を頂ければ何かしらお力になれるかもしれません。お気軽にご相談下さい

Q

硬質アルマイトにクラックが発生してしまいます

A硬質アルマイトではクラックが発生するのが一般的です。 当社では処理条件等を調整することでクラックの発生を抑制することができます。

アルマイトの色について

Q

カラーアルマイトの色ムラはおさえられますか?

Aアルマイト処理条件等を見直すことで色ムラを抑えることができる場合が多いです。詳しくはお問い合わせ下さい

Q

アルマイトが色あせや変色をしてきました

Aアルマイトの処理条件や使用している染料で変色が発生することがあります。お困りの場合は剥離・再処理を致します。

Q

赤、青、ピンクなどのアルマイト処理はできますか?

A可能です。様々な染料を用いて色味を調整しますので、詳しくはお問い合わせください。

Q

ゴールドにアルマイト処理ができますか?

A可能です。ゴールドの中にも様々な染料がありますので、詳しくはお問い合わせください。

Q

アルマイト処理後にクリア塗装はできますか?

A当社にて対応できるため、短納期で提供可能です。 多数のお客様にクリア塗装を提供した実績があります。

Q

黒色の硬質アルマイトはできますか?

A可能です。膜厚や材質に応じて処理内容が異なる為、詳しくはお問い合わせ下さい

Q

アルマイト処理の色見本はありますか?

A染料メーカーにて作成しているものがありますので、そちらの資料をご覧いただくことが可能です。

Q

シルバーのアルマイト処理はできますか?

A可能です。材質・膜厚に応じて発色しますので詳しくはお問い合わせ下さい

機能性について

Q

アルマイト処理で部品の強度をあげたいです。

A求める強度によりますが、アルマイト処理を行うことで耐久性をあげることも可能です。

Q

耐食性のあるアルマイト処理はできますか?

A封孔処理によりアルマイト皮膜の耐食性を持たせることができます。

Q

アルマイトの耐熱温度はどのくらいですか?

A一般的に硫酸アルマイトで100℃程度です。材質や処理によって異なる為詳しくはお問い合わせ下さい。

Q

アルマイトで導電性をもたせることはできますか?

Aアルマイト皮膜は絶縁性のため、導電性を皮膜に持たせることはできません。

Q

アルマイトの熱伝導率はどのくらいですか?

Aアルマイト皮膜の熱伝導率は様々な文献に記載されています。当社でお調べすることができますので詳しくはお問い合わせください

Q

硬質アルマイトの硬度はどのくらいですか?

Aビッカース硬さの測定結果がございますので詳しくはこちらをご覧ください

Q

アルマイトで〇〇μmの膜厚をつけることは可能ですか?

A弊社での実績では5056材で70μm、5052材7で50μmなどの実績があります。必ずしも膜厚を厚くすることが性能の向上につながるわけではありませんので、詳しくはお問い合わせ下さい

Q

アルマイト処理で部品に絶縁性をもたせることはできますか?

Aアルマイト皮膜は絶縁皮膜の為、持たせることができます。

剥離・再処理について

Q

他社で行ったアルマイトを再処理してほしい

Aアルマイト皮膜を剥離した場合、寸法が減りますので必ずしもできるわけではありません。条件などをお打ち合わせの上進めさせていただきます。

Q

他社で行ったアルマイトの剥離はできますか?

A印刷等が施されていなければ可能です。

Q

アルマイト処理をした製品にキズがついています。なんとかなりますか?

Aキズの程度によりますが、アルマイト皮膜を一度剥離し、再度処理をすることが可能ですので、詳しくはお問い合わせ下さい

Q

アルマイトが剥がれて困っています

A材料に起因する剥がれや、アルマイト処理の条件など、様々な原因があります。一般的には前処理を徹底することで解決する事例も多いです。 当社ではアルマイトの剥離再処理も行いますので、ご相談ください。

その他処理について

Q

チタンの陽極酸化で色をつけたい

Aチタン陽極酸化では様々なカラーバリエーションを出すことができます。詳しくはお問い合わせください。

Q

封孔処理と溶射の違いはなんですか?

A封孔処理は各種薬品と皮膜を反応させますが、溶射は金属を溶融して吹き付けることで表面を加工します。

Q

艶出しのアルマイトはできますか?

A可能です。 膜厚や材質に応じて処理内容が異なる為 詳しくはお問い合わせ下さい。

Q

艶消しのアルマイトはできますか?

A可能です。 膜厚や材質に応じて処理内容が異なる為 詳しくはお問い合わせ下さい。

Q

アルマイトと塗装の違いはなんですか?

A塗装は塗料を素材表面に付着させて様々な仕上がりを出します。 アルマイトはアルミ素地にアルマイト皮膜を形成し、染色することで様々な仕上がりを出します

  • ご質問やお見積り依頼などお気軽にお問い合わせください